□■□■□──────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□─────────────── 2009.11.7 ── Vol.0070 ──
      左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
── CONTENTS ────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『新型インフルエンザの恐怖』
       ●編集後記
───────────────────────────────────

■□■……… 『新型インフルエンザの恐怖』 11月7日 …………■□■

 去る9月末、「明日は東京ディズニーシーに行くよ!」というウキウキ気分
の夜、それは突然私を襲った。
昼間、ちょっと出掛けて家に帰り、少し頭が痛いな、早めにお風呂入って寝よ
う…と思い、布団に入った途端に背中をゾクソク〜っと激しい悪寒。

 ちょっと嫌だよ、明日は遊びに行くんだから!と必死に寝たふりをしたが、
ゾクソクは止まらずに、どんどん熱が上がってくるのがわかる。

「うそ!これって新型インフルエンザかな?」と、恐る恐る体温を計ると
38.5度。背中や腰、身体のあちこちの関節が痛い。
それ以降もどんどん体温は上がり続け、深夜には39度まで行ってしまった。

 フーフー言いながらそのまま朝まで寝たり起きたり。階下で寝ている母を起
こすのも悪いし、第一、新型インフルだったら、あまり接しない方がいいのか
も?いや、潜伏期間の数日間は気づかずに一緒に居たんだから、もう両親にも
伝染しているのかも…?

 それまでも、新型インフルの話題を見聞きするにつけ、我が家で誰かが感染
したらどうするか、一応話し合っておいた。
我が家は3人家族。誰かが感染したら、まずは病院へ行き薬をもらい、食材を
買い込む。家族に感染してもしなくても、全員ほとぼりが冷めるまで家にこも
る作戦。

 父が感染したのなら、そのまま寝ていれば良し。私か母が感染したら、家事
と介護と看病はすべて残る一人が担当。そうして全員が落ち着くまで、家から
出ずにじっと過ごすしかあるまい。

 翌朝、体温は38.5度。一応マスクをかけて母の部屋に行き、
「夕べ、深夜に急に熱が出たよ…新型インフルかも…」と言いながらも身体は
フラフラ、頭はクラクラ。

 「あら!ディスニーはどうするの?」と母ヤスコ。
「それどころじゃないよ。そっちはキャンセルするから、後で悪いけど病院へ
連れて行ってくれる?」
「いきなり病院でいいんだっけ?保健所へ電話するんだっけ?」と、すでに混
乱状態。

 その後、母に電話してもらうと、いつもの総合病院では、
「マスクをしてそのまま内科外来に来ていい」という指示。それでいいの?
特別に隔離した待合室とか、一般患者とは時間をずらすのでは無く?大丈夫な
のかな。

 食欲は無いけど少しだけ朝食を摂りって病院へ行き、体温を計りこれまでの
経過を表に記入。それを見た看護婦さんは急に「新型インフルエンザの恐れが
ありますから、ちょっとこちらに座ってください」と、少し離れた席へ私を誘
導。だからあらかじめ電話で聞いたのにさ〜?

 その後、新型インフルエンザの検査。鼻に綿棒のようなものを入れられ、
こちょこちょされる。結果と診察を待っている間も、まだ39度近い熱でフーフ
ー。名前を呼ばれてもさっと立てず、フラフラヨタヨタしながら診察室へ。

 検査の結果、新型インフルではありませんでした〜。良かった!
しかし、他のウィルスが入り込み、扁桃腺を腫らせて高熱が出たらしい。
うん、確かに喉も痛い。そっか、私、疲れてたり免疫力が落ちてると、扁桃腺
に来るんだったわ。新型インフルでなくて良かった〜。でも辛〜い!!

 結局、平熱に戻るまで3日間ほど寝込んだ。その間、喉も痛いし、お粥みた
いな物しか食べられなかったので、少し体重が減ったのは良かったけど、それ
よりもこんな辛い思いはもうしたくないよ〜!

 それ以降、さらに敏感にニュースなど見聞きし、新型インフルのワクチン接
種のことも気になる。まずは医療従事者、心臓病・糖尿病など持病のある人、
妊婦さん…などと優先順位が決まったらしいけど、うちの父なんかは、どうな
るんだろ?

 父ヨシオは一応、心臓病になるのかな?
母は?65歳以上の高齢者の番が来るまで待つのか。
私なんて医療従事者でもなければ子供でも妊婦でもなく、一番最後に順番が
回って来る頃には、とっくに感染してるか流行が終わってるか、どちらかだよ。

 そうして10月中旬、また別件で総合病院へ行く機会があったので、ワクチン接
種のことを案内嬢に訊いてみたら、
「この病院へいつどれくらいのワクチンが入ってくるか、どういう優先順序にな
るかまだ何も決まってないので、答えられない」とのこと。

 ふ〜ん、そうなのか〜。じゃあ、成り行きを見守るしかないのね。
しかし不安なので、お父さんの季節性インフルエンザの予防接種は早めにやって
おこうか、とまた別の病院へ電話してみたら、
「一昨日、季節性インフルエンザのワクチンが入荷したが、一昨日と昨日で全部
終わってしまった」という。ええ〜!例年よりもだいぶ早いけど、やはり皆さん
考えることは同じなのね〜。

 まったく、ぼんやりしてると生き残れないね。その内、お金を沢山払うから内
緒で先にワクチンくれ!なんていう不心得者が出てきたりして。
私なんてどっちにしても一番最後だ!…なんて話を夕食後にしていた時のこと。

「俺は予防接種なんていらないよ、遠慮しときます」と父ヨシオ。
「え!なんで?」
「俺の分のワクチンは、将来のある子供さんにあげるよ」

「あらま〜!そりゃ〜、お父さんよりも将来有望な子供に先にあげたいけど、
そんなのわからないじゃん!ずる賢く悪い奴に、そのワクチンが行っちゃうかも
よ。それよりは、素直にもらっておけば」と、思わず笑ってしまったわ。

 今のところ、我が家は誰も新型インフルには襲われずに、無事に過ごしている
けれど、いつどんな状況になるか本当にわからない。だけど、不安だ不安だって
毎日心配ばかりしていても仕方ないよね。

 なるようになるさ、でもなるべく自分でできる予防はしておこうね、というこ
とで、うがいと手洗いに励む毎日。
 あの39度の熱で、私はもう懲り懲り。ようやくワクチン接種が始まったけど、
なんとか早くこの嫌な流行が去ってくれることを、祈るばかりであります。

■□■………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■

少々古い話で恐縮ですが、今年の夏の皆既日食のこと。
日時を知らない母に「関東でも見られるらしいよ。7月22日の11時頃だって」
と教えると、「夜の11時?」だと。
夜に欠けていく太陽が見られるのか!明るい昼が暗くなるのが日食じゃないの
か!?とぼけるのもいい加減にしろ、と怒る前に、「もしや脳みそが無くなる
病気とか?」と本気で心配になりました。
___________________________________

■□■……………………… 編 集 後 記 ……………………………■□■

 ふと気づけば今年もあと2か月。年々早く過ぎるように感じます。これって
年を取ったということでしょうか??
新型インフルも不景気も多発する凶悪な事件も、なにもかも不安だらけですが、
健康で働ける身体があれば大丈夫!と自ら言い聞かせて毎日がんばってます!

●今日の格言 『スーパーで「○○円引き」のシールを見つけると幸せ!』

===========================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
sucharaka_nanao@yahoo.co.jp
===========================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
http://nanao.seven-studio.net/
===========================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
===========================================================
■発行者:七 緒  sucharaka_nanao@yahoo.co.jp         
         http://nanao.seven-studio.net/
■Copyright(C) nanao 2009.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写OKですが、ご一報ください!
===========================================================
◎七緒のスチャラカ・介護日記
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000084318/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます