□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2003.08.19 ── Vol.0053 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『他人と比べるな』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
□■□……… スチャラカ日記 『他人と比べるな』 8月17日 ……□■□
 
 父ヨシオがもっとも嫌がること。それは『他人と比べられること』。

 家の近所で、よく見かけるおじいさん。左の手脚が不自由なようで、杖をつい
てはヨタヨタと歩いている。その歩行スピードとヨタヨタ具合は、父ヨシオと同
レベルだ。年齢は、父の方がずっと若いと思われる。
 
 それでもおじいさんは、いつも一人きりで歩いている。お買い物に行くのか、
散歩なのか、単にリハビリの為なのかは知らないが、とにかく一人で歩いている
…ということは、自分の意志だということだ。 

 あの歩き方を見る限り、ご本人の身体も辛いだろうし、もしちょっとずっこけ
でもしたら、転んで大怪我するかもしれない。それでもおじいさんは歩く。
 
 うちの父ヨシオときたら、わざわざリハビリ病院や公園へ車で連れて行かれ、
後ろにぴったりと寄り添って介助(見張りともいう)されないと、決して自ら歩
く訓練をしようとしない。
 私は「あのおじいさんのように、もっとガンガンがんばって欲しいな〜」と、
つい思ってしまうが、父の答えは「うるさい!他人と比べるな!!」である。
      *     *     *     *     *

 以前、障害を持った男性のことを、テレビでリポートしていた。夕食時だった
が、たまたまその時母ヤスコは不在で、父とふたりで見ていた。

 病気で右手脚が不自由になられたその男性(仮にAさんとする)は、自宅でお
母様と暮らしている模様。もともと物作りをお仕事にしていたので、不自由な生
活上の作業を助ける、自助具を考案して自宅の工場で作っているとのこと。

 トーストにジャムやバターを塗る為の道具、万力で瓶などを固定して蓋を開け
る為の道具、自分で手の爪を切る為の道具…etc。

 しょえええ〜〜!私はものすごくビックリした。

 確かにそれらの動作は、片手ではできない。それを助ける為の道具を、ご自分
で考案して、左手一本で作っているなんて、すごいすごい!
 しかもAさんは「年老いた母親に負担を掛けないよう、自分でできることは、
なるべく自分でしたい」というような意味のことをおっしゃっている。

 ご飯を食べる手を休めて、う〜むと唸る。Aさん、素晴らしい!!

「ちょっとお父さん、聞いた?すごいね、このAさん!」
すると父は、フンと鼻を鳴らして言い放った。
「うるせえ。世話をさせる家族も居ないんだろ!」

 はあ〜〜?ちょっと待った!聞き捨てならないその暴言!!

「ちょっとちょっと何言ってんの!?世話を『させる』ってどういうことよ?
奴隷じゃあるまいし、私やお母さんのこと、そんな風に思ってるの?冗談じゃな
いわよ!」

 別に『世話をしてやってる』なんて恩を着せる訳じゃない。だけど、父が自分
からは何一つやろうとしない姿勢の、根本的な原因がそこにあるとしたら、到底
許せるものじゃないぜ!

 私のあまりの勢いに、自分でも「しまった!」と思ったらしい。父ヨシオは貝
になって、だんまりを決め込む作戦に出た。

 きっと私があまりにAさんを褒めちぎるので、父としては面白くなかったんだ
ろう。Aさんの姿を見て、自分でも反省する気持ちがあったのに、それを認める
のが悔しくて、つい意地悪な発言をしてしまったんだろう…と、今は思う。

 しかしその時は本当に腹が立って、お茶を入れるのも、薬を用意するのも全部
バカバカしくて、けっ!やってらんねーぜ!!という荒んだ気持ちになったね。
      *     *     *     *     *

 両親がはまっているテレビドラマ『渡る世間は鬼ばかり』。某衛星放送局で再
放送しているので、いつも楽しみに見ている。
 岡倉家長女・弥生のお姑さんは、病気で右半身と言語も不自由になったが、弥
生の献身的な介護とリハビリのお陰で、寝たきりだったのが、家族の食事の支度
を請け負えるまでに回復したストーリーがある。

「あては、家族の為に、できることは何でもしたいんや〜」というハナおばあさ
んの前向きな姿勢に、つい「このお義母さん、えらいよねえ」と、父ヨシオの横
顔を見つめてしまう。
 父は間髪入れず「作り話と一緒にするな!そんなのと比べるなよ!」だと。
そりゃそうだ。これは確かにドラマだからね、どんな劇的な回復も可能だね。

 「他人と比べるな!俺は俺の生き方でいくんだ」と、父は言う。
う〜ん、そりゃそうなんだけど。その『俺の生き方』が、全然見えないから
こっちは、やきもきするんだよね。

 他人と比べて、ああだこうだ言われるのは、確かに自分でも嫌だとは思う。
「○○さんの娘さんは、美人で気が優しくて、お料理がうまくてうんぬんかんぬ
ん…。それに比べて七緒は…」などと言われたら、そりゃ「うるせえ!」と抵抗
するね。でも、私は私でやることはやってるし、誰と比べられたところで、自分
を卑下する部分はひとつもないと、断言できる。

 例えば子供を叱る時も、「○○君は、この前のテストで100点取ったん
だって。なのにどうしてあなたは30点なの!?」と、叱るのはナンセンスだよ
ね。テストの点数は悪くても、野球はとてもうまいのかもしれないし、パソコン
は誰より詳しいかもしれない。つまり、個性の問題ということなんだろうか。
 
 じゃあ、父ヨシオの誰より素晴らしい、尊重すべき個性とは、何なのか?
う〜〜〜ん。そうだなあ〜。う〜〜〜ん、なんだろう?

 やっぱり、愛すべきキャラクターかな?
明るく快活でノリやすく、基本的に正直者。頑固なところもあるけど、妻や子供
に素直に謝ることができるのは、年輩の男性にしては珍しい美徳ではないかな?

 自宅での介護生活。もし父が気難し屋の頑固一徹で、常に苦い顔で可愛げの欠
片もなく、家族に怒鳴り散らしてばかりの親父だとしたら、とてもじゃないけど
やっていられないと思う。そこだけは良い意味で、他人と比べても自慢できるよ。

 まあ、リハビリに関しても、最近は文句を言わずに淡々とこなしているし、
ドラマのように劇的では無いにしても、成果は上がってきている。それはそれで
評価すべきだよね。

 前向きな姿勢や、大仰な目標をあえて打ち出さないのも、「本当に実行できる
か、約束出来ない事は、言いたくない」という、正直者ならではのポリシーから
来ることも、最近判明した。基本的には『不言実行』だけど、できなきゃできな
いで、『初めからそんな事、約束してないから知らないよ』と、とぼける寸法ら
しい。そこがいかにも、父ヨシオらしい、とは思うけど。

 なにはともあれ、立派な他人様を見て、「よ〜し、俺も負けないでもっとがん
ばるぞ〜!」と、心の中で密かにでも発奮してもらえると、家族としては嬉しい
んだけど、ね。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■
 
 最近、洗濯機がちょっと調子悪い。脱水時に「ピーーーー!」と音がする。
「壊れちゃったみたい。買い換えないとダメかしら?ちょっと見てよ」と、母ヤ
スコは心配している。早速見てみると、操作パネルに『E3』の文字。洗濯機の
ふた部分に、『E3』のエラーが出た場合は、こうこうすべし…という、指示が
書いてある。
 「これさあ、ちゃんと説明書いてあるよ。読んだの?」「……。読まない」
「なんで読まないの?何か書いてあるな、読んだら解決できるんじゃないかな…
とは思わないの?」「いいの!読まないのよ、そういうのは!!」と、逆ギレ。
何かが書いてあることすら、気にも留めないらしい。もう10年近く使ってると
いうのに。アバウトというか、大物だというか…。やれやれ。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 友達と女3人で、ドライブに行きました。海辺の町で砂風呂に入って、おいし
い魚料理にご満悦!しかしまあ、まだ8月だっつーのに、海水浴客のいない海っ
て、淋しいものね〜。道は空いてて良かったけどさ。
 遊んでばかりの最近、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』にはまりまく
り!ジョニー・デップ演じる、海賊のジャック・スパロウ船長が、めちゃカッコ
イイんだ!3日間で2回見ちゃった。隙あらば、また見に行きたいよ〜。

●今日の格言 『さらわれるお姫様より、髭もじゃの手下になってみたい』
==============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
==============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www004.upp.so-net.ne.jp/nanao-77/
==============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
==============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www004.upp.so-net.ne.jp/nanao-77/
■Copyright(C) nanao 2003.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
==============================================================