□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2003.02.18 ── Vol.0041 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『メガネ事件』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
□■□………… スチャラカ日記 『メガネ事件』 2月16日 ………□■□

 その日、私は猛烈に怒っていた。メガネ事件勃発である。

 事の起こりは、父ヨシオが脳梗塞で倒れ、ある程度病状も安定して、S総合病
院に転院してほどなくの頃だった。
 父は、心筋梗塞に続いて脳梗塞を起こしたので、視野が狭くなる目の障害が出
ていた。左のマヒが残ったので、意識していないと、左側が見えにくいのだ。
 
 それまでは、目はものすごく良かった。新聞も老眼鏡無しで読めるのが自慢で、
母ヤスコが老眼鏡を掛けていると、よくからかっていた。

 それが、左側が見えにくいだけでなく、目の焦点が合わないとか、じっと何か
を見ているととても目が疲れるとか言い出し、終いにはドライアイの診断もされ
る。目の不自由さは、本人にしかわからないから、さぞ辛かろうとは思うけど。

 そんなわけで、入院中に眼科の診察もしてもらっていた。それは別に何の問題
も無いのだが、ある日突然、事件は起こる。

 朝、病院の父ヨシオから電話がかかってきた。
「メガネを作ったのが出来上がったから、10万円を持ってきてくれ」

 はあ〜〜??なんじゃそりゃ!?
 いつの間にメガネなんか?しかも10万円とは、どういうこと??

 母ヤスコが病院へ行き、父に話を聞いてきたところによると…。
 眼科の診察で色々と検査をして、メガネを作ることを勧められたらしい。父は
勧められるままに、普通の遠視用メガネと、度の入っていないただのサングラス
を、私達に何の相談もなく決めてしまったのだった。それが2つで10万円近い
という、ケチな私には理解できない金額らしい。

 メガネを作ることも聞いていなければ、金額のことも初耳だ。
 私は怒りで、髪の毛が逆立ちそうだった。

 父は、病気のせいで頭が混乱気味で、正当な判断ができなくなっている。それ
は仕方がないとしても、そんな患者につけ込んで、高額の商品を売りつけるとは
何事だ!?…と、私は思う。
 
 きっとその眼科の医師や眼鏡屋さんは、よかれと思って勧めてくれたのだろう。
しかーし!身体も頭もフラフラになっている患者だとわかっているくせに、家族
に一言もなく、いやむしろ家族の目を盗むかのように、そんな高額のメガネを
作ってしまうとは、到底許せない。
 
 まず、そんなに高価なメガネが、絶対に必要なのかどうかも疑問だぜ。
「ご家族に相談しないでいいんですか?」とかなんとか、言ってくれてもいいん
じゃないの?そうしたら、反対しないまでも、もっとリーズナブルなものを選ん
だのに。医師も眼鏡屋も看護士も、誰も何も聞かせてくれなかった。
 
 「そんなメガネ、こっちは聞いてないんだから、お金払う必要ないよ!冗談
じゃないっつーの。突っ返してやれ!」
 なんだったら、私が眼鏡屋にねじ込んでやる!!と、私は鼻息荒く、怒りま
くっていた。

 それなのに、母ヤスコが翌日お金を払い、受け取ってしまった。

 「なんでえ!?そんなインチキなのに、なんでお金払っちゃったのさ?」
まだ怒りモード全開の私は、母にまで噛みつく。母は、うつむいて言った。
 「お父さんが、うちにはメガネに払う10万も無いのか、って。これだけは、
俺の顔を立てて、払ってくれっていうから。しょうがないじゃない?」

 はあ〜。そうですか。なんだかもう馬鹿馬鹿しくなってきた。

 その数日後、問題のメガネを見て、さらに脱力。10万円も出したからにゃ、
さぞかし素晴らしいメガネかと思いきや…。
 サングラスが、ものすごく嫌らしい黄色なのだった。黄色のレンズは、明るく
見えていいらしいけど、これはちょっとすごすぎる。浜崎あゆみやガクトなど、
オシャレな芸能人ならいざ知らず、車椅子に乗っている60過ぎのオヤジがこれ
を掛けるとは…。

 おまけに、退院してから、さて度入りのメガネを掛けてみると、これがもう度
が合わなくなっている。だ〜から、そんな慌てて作る必要なんかなかったのに。
 「どうしてくれる!?責任持って作り直せ!!」と、またもやねじ込みたいと
ころだが、どうせまたすぐ合わなくなるだろうから、もう考えないことにした。

 父ヨシオはと言えば、「これの方が良く見える」と、母のメガネを掛けて澄ま
している。薄い紫色のグラデーションが入ったレンズ越しの、父の瞳を見つめて
いると、あまりの理不尽さに再び脱力。

 それにしても、メガネ事件に対する私の怒りは、未だ収まっていない。
 今、少し冷静に考えてみる。あの時本当に眼鏡屋へ私がねじ込んだとしたら、
もう出来上がっているメガネを、キャンセルできただろうか?
 
 多分、否。
 いくら病気と言っても、立派な成人である父が、了解していたんだから。きっ
とそう言われて、10万円をふんだくられることに、変わりはなかっただろう。 
 しかし怒りの持って行き所がないので、私はサングラスに八つ当たることにし
ている。

 「今日はどのサングラスにする?黒いの?それともあの『ものすごく嫌らしい
黄色のサングラス』がいい?」

 「まあ、そう言うなよ。これ、高かったんだから」と、父ヨシオ。
 だからなおさら腹が立つんだっつーの!!今日も父は、『ものすごく嫌らしい
黄色のサングラス』を掛けて、ご機嫌です。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■
 
 最近、母娘でダイエットに燃えている。母ヤスコは、以前から理想体重を少々
オーバー気味(控えめな書き方でしょ?)で、気にしていた。それがこのところ
少しずつ減ってきて、喜んでいたのだが。
 久しぶりに会った人に言われたらしい。「介護疲れで痩せたんじゃないの?
って。失礼ねえ!」とプリプリしている。まあ、それが100%無いとは言えな
いけど、こんなに努力していることを、誰もわかってくれないのね。
 太ってれば痩せろと言われ、痩せると病気じゃないかと言われる。余計なお世
話でございますぅ。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 なんだか春めいてきたね…とはしゃいでいたら、また寒くなったり。早く桜が
咲かないかなと、待ちわびている気の早いヨシオ・ファミリーです。
 そんな私が、今一番はまっているのは、和裁!きもの道、ばく進中。週1回の
お稽古日が待ち遠しいったら!先日、美容院の帰りに必ず寄る呉服屋さんで
「結城のいいの入ってますよ〜」と言われて、マジへこんだ。8千円の化繊の長
襦袢地に散々迷っているというのに!貧乏でもきものが好きなんだよぅ〜。

●今日の格言 『そういえば何ヶ月も、洋服って買ってないなあ』
==============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
==============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www004.upp.so-net.ne.jp/nanao-77/
==============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
==============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www004.upp.so-net.ne.jp/nanao-77/
■Copyright(C) nanao 2003.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
==============================================================