□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2003.02.04 ── Vol.0040 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『母と深夜の生討論』
       ●『スルメについての後日談』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
□■□……… スチャラカ日記 『母と深夜の生討論』 2月3日 ……□■□

 テレビを何の気無しに見ていると、介護と介護者についての話題を取り上げて
いた。いくつか介護問題のケースを挙げては、スタジオの有識者たちがアドバイ
スと称して、なんだかんだ語るのだった。

 見ている内に、だんだん腹が立ってきた。
「甘い!甘すぎる!!現実はそんなもんじゃないっつーの!」
テレビ画面に向かって、突っ込みまくる私がいた。

 『お姑さんにはデイサービスに行ってもらって、その間あなたはリフレッシュ
しましょう』…デイに行けるくらいお元気ならいいけど、行けないくらい状態が
悪い人はどうしようかねえ?ヘルパーさんを嫌がる人もいるしね。

 『グループホームへ入った方が、頭がしっかりしてきて、痴呆が軽くなること
もありますよ』…入れる人は、そりゃラッキーだよ。入所を断られるくらい痴呆
が進んじゃってる人は、どこへ行けばいいのかねえ?

 まあ、ちょっと極端に意地悪に書いてみたけど、全般的にこんな感じ。ごくご
く一般的かつ上っ面だけのアドバイスで、したり顔。限られた時間の中で、不特
定多数に向けた番組だから、それなりの構成でもしょうがないんだろうけどね。
 
 それはともかく、介護する方もされる方も、家庭環境もなにもかも千差万別。
100人いれば100通りの介護の現場があるわけだ。それはもう、当事者がそ
の時々に、臨機応変にやっていくしかないよな〜、と思う。やっぱり、自分がそ
の場に直面しないと、わからないことだらけだ。
 
 そんなことを考えていて、ふと気付く。
 私も父を介護する身として、こんなスチャラカな介護日記を発信している。ま
さかまさかとは思うけど、本当に毎日毎日バカばっかりやっていると信じられて
やしないだろうか?
 辛いことや悲しいことは何一つ無く、100%ポジティブなスーパーファミリ
ーだと、思われている読者さんはいないだろうか? 
 
 さらにこんな怖いことも考えた。
 幸運なことに、今まで全く介護に関係ない人生を送ってきた誰かが、
「最近『介護問題』ってよく聞くけど、この七緒とかいう人の介護日記を読むと、
全然大変そうじゃないじゃん。税金で施設を作ったり、介護保険なんて必要ない
んじゃない?」なんて、思ったりしないだろうか??

 オー・マイ・ゴッド!!どうしよう?
私のせいで、介護問題が勘違いされてしまう?…違う、違うのに!

 母ヤスコに話すと、軽くいなされた。
「馬鹿ねえ。そんなこと思うわけないでしょ!この高齢化社会で、増えるばかり
のお年寄りをどう面倒見るのか、みんな大騒ぎしてるのに。あんたのを読む人は、
介護に何らかの興味がある人でしょ?それくらいわかるわよ〜」

 おお、そりゃそうだ。ちょっと先走ってしまった。全国700人からの読者さ
んをなめちゃいかんね。すいません。

 介護生活の何が大変かって、先の見通しがつかないこと。365日・24時間
ぶっ続けの休み無しで、いつまで続くかもわからない。この生活があとどれくら
い続くのか…。5年?10年?それ以上?誰にもわからない。

 それじゃあ、お父さんが明日死んじゃってもいいの?
1ヶ月後なら?1年後なら、いい?それは嫌だ。それは困る。
もしかしたら自分が先に死んじゃうかも。そんなことを考え始めたら、どうにも
眠れない。
 
 「結局、一番辛いのはお父さんなんだから。好きで病気になったわけじゃない
んだし…」
 わかっていても、生身の人間同士。ぶつかってケンカすることもある。そうす
ると、また「あ〜あ、もう!こんな事がいつまで続くのかしら!?嫌んなっちゃ
うわ!」…という繰り返しなのだ。

 「だから、自分で自分を納得させてね、『その日』が来るまで、なるべく楽し
く幸せに暮らすしかないのよ」と、母は言う。私も全くその通りだと思う。それ
こそが、ヨシオファミリーの基本コンセプトだからね。

 母と熱く語っている隣の部屋で、父ヨシオはと言えば、またもや電気とテレビ
を点けっぱなしで、ガーガーいびきをかいて、気持ちよさそうに寝ている。
 介護される当人の言い分は、きっとあると思うんだ。父の気持ちを理解できて、
私なりに消化できたら、それはまたいつか書きますので、楽しみに待っていてく
ださいね〜!

────────────────────────────────────

 * * * * * * * 『スルメについての後日談』 * * * * * * *

 vol.0039で書いた父ヨシオのスルメ熱。今はちょっと下火になりました。なぜ
かと言えば、スルメの食べ過ぎで口内炎になって、口が痛くて食べられないので
す〜。固いスルメを、少しずつ囓ればいいものを、父はそのまま頬ばって、口の
中でめちゃくちゃに噛むらしい。そのため口の中が傷ついて、口内炎になった模
様。馬鹿ですね〜!
 しかも、あれだけスルメについて書かれたので、七緒には内緒にしておけ、と
母ヤスコに頼んでいたらしい。しっかりバレましたよ〜。

────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■
 
 「私ダイエット中だから、ウーロンハイにしておくわ」と言うと、「焼酎って
おいしくないわよね。よく飲むわね」と母ヤスコ。「え〜?別においしいから飲
むんじゃないし」「え?じゃあ、なんで飲むの?」「飲んで酔いたいから」
「ええっ?酔うために飲んでるの?」「は?じゃあ、お母さんはなんで飲むの
よ?」「……。おいしいから」
 そう言うけど、母はビールの銘柄の区別はおろか、ビールと発泡酒の区別もつ
きません。皆さんはどう思いますか?お酒は酔うために飲むのでしょうか?それ
とも単に味がおいしいから飲むの??

(それじゃまるで、しょっちゅう飲んでるみたいじゃないの!たま〜に飲むだけ
って書いてよ!!←母ヤスコ・談)
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 2001年8月から書き始めた【七緒のスチャラカ★介護日記】、早いもので
40号を迎えました。応援してくださった皆様、本当にありがとう!これからも
よろしくです。これまでのバックナンバーは全編、下記のホームページで読むこ
とができちゃいます!まだ読んでいない人も、もう忘れちゃった人も、この機会
に是非!ディープなヨシオ・ワールドへレッツ・ゴー!!
http://www004.upp.so-net.ne.jp/nanao-77/

 インフルエンザ大流行の昨今、父ヨシオはいまだ風邪すら引かず、がんばって
ます。なかなかしぶといですな。感心します。
 「節分のお豆って、年の数より1個多く食べるんだって。お姉ちゃん、いくつ
食べるの?」5歳の姪っ子に訊かれました。「……19個。」もう面倒臭いらし
く、相手にしてくれませんでした。

●今日の格言 『嘘つきは泥棒の始まりって言うんだよ!(Byアヤ・5歳)』
==============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
==============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www004.upp.so-net.ne.jp/nanao-77/
==============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
==============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www004.upp.so-net.ne.jp/nanao-77/
■Copyright(C) nanao 2003.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
==============================================================