□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2002.12.03 ── Vol.0036 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『ビバ!リハビリ!!』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
■□■…… スチャラカ日記 『ビバ!リハビリ!!』 12月1日 …■□■

 最近のリハビリ病院、ちょっといい感じ。

 ヨシオファミリー憧れの的・リハビリのA先生が、産休・育休明けで戻られた。
1年前と変わらないキビキビした仕事ぶり、明るい笑顔、でもちゃんと厳しい指
導。可愛い男のお子さんのお話なども聞いて、こちらまで嬉しくなった。
 
 先生が、1年ぶりに父ヨシオの左腕、左脚をチェック。
「うん、脚も大分力が付いてきていて、いいですね。関節も固くなってないし」
私は何が嬉しいって、そうやって先生方に褒めて貰うこと!!それでこそ心を鬼
にして(?)父とリハビリに取り組んでいる甲斐もあると言うものです。

 「でも、最近はリハビリ嫌がらずに、やるようになったよね?」と母ヤスコに
振ると、「どうやったって、アンタから逃れられないんだから、無駄な抵抗だと
悟ったんじゃない?」だと。そんな、人を地獄の使者みたいに。失礼ね!

 以前の父は「今日はそんな気分じゃない」とか「なんだか頭がモヤモヤで駄目
だ」とか、わけのわからない理由を取って付けては、サボろうとしていた。
 まあ、確かにそんな風に、やりたくない日もあることだろう。健康な我々だっ
て、何となく気分の沈む日もあるんだし。でもだからと言って「じゃあ今日はや
らなくていいよ」などと許していた日にゃ、ずるずるとサボり癖の付くことは、
目に見えているのだ。

 お互いの努力の甲斐あって、最近の父ヨシオは、すこぶる快調。体力も付いて
風邪は引かないし、食欲も旺盛で元気溌剌。体重がまた少し増えてつつあるのが、
目下の贅沢な悩み。

 そんなA先生の復帰の日、気分も晴れやかにリハビリしていたのだが、なんだ
かトレーニング室が、いつもより明るいことに気付いた。
 よくよく室内を見回すと、わかった。付き添いに来ているご家族で、若い人が
今日はとても多いのだった。

 一昨年の父の入院から今まで、そうした患者さんの家族で、トレーニング室に
来ているのは、はっきり言って私が一番若かった。患者さんは年輩の方が多いの
で、ご家族はその連れ合いの方が最も多い。その他はお嫁さんか、私のような実
の娘が多いのだった。それでも大部分は、私よりは年上のように見受けられたし、
着る物もスチャラカな私は、随分浮いている感じだったのだ。
(若さを強調する私も、30代後半だけどさ〜)

 それが、今日はどうだろう。どう見ても私より若い女性が3〜4人と、息子さ
んらしき若い男性も2人ばかりいるのだ。それぞれが、患者さんと歩いたり、ベ
ンチでリハビリの様子を眺めたりしている。
 
 「ねえねえ、今日はなんだか若い人が、いつもより多いよ!」と報告すると、
「そうだね。あの帽子のお嬢さん、綺麗な亜麻色の髪だね。あまいろの〜ながい
かみを〜♪」と歌まで唄い出し、父ヨシオも浮かれているのだった。

 以前見かけたフェロモンお姉さんは、ちょっと困ったけど、やっぱり若い人が
多いと、活気が全然違う気がする。金曜日の午前中、仕事や育児などを置いても、
家族のリハビリにつき合える若い人は、ほんの一握りの人達だと思う。たまたま
それが今日、ここに大集結したのかもしれない。それでも私はとても嬉しかった。

 家庭事情や生活環境はそれぞれ違うから、一概には言えないけど、『介護』全
般が、幅広い世代に受け入れられ始めたのかな…と、私は感じた。

 『身近な人の介護に携わること…それがどの世代にもごく普通に、当たり前に
なりつつある』
 そのことが今ここで、明らかに2年前とは違う介護者達の顔を通して、証明さ
れた。大げさに言うと、そんなところかしらね。

 もちろん、周りの人達がみんな元気で、介護なんか必要無ければ一番良いんだ
けどね。それから、このトレーニング室でリハビリできないくらい、容態の重い
方もたっくさんいらっしゃる事を、忘れちゃいけないんだよな。

 そんなことを考えていると、父ヨシオの視線は、ある患者さんに付き添って歩
いている女性に、釘付けになっている。膝丈のスカートに、ハーフブーツの細い
脚が、カッコイイ。

 「ほら〜、お父さん!綺麗なひとに見とれて、立ち止まってると疲れるよ!」
「うん…。あのブーツのひと、ハクイな!」
ハ…ハクイ!?今時ちょっと使わない言葉だ!あ〜びっくりした。

 早速、母ヤスコに報告すると、
「ハクイって、な〜に?どういう意味?」ガクッ!母はこれだから…。
「『ちょっといい女だぜ』くらいの意味だよ。昔の暴走族じゃないんだからさ〜。
お父さんも、面白いこと言うよねえ」

 これからも、もっともっと若い人が増えると良いな。下心アリでもなんでも、
やる気が出るような若いパワーを、もっともっと貰えると、本当に良いな。
ビバ、リハビリ!ビバ、アミーゴ!!
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■
 
 テレビで見た「里芋と長ネギのコロッケ」を作った母ヤスコ。「テレビよりも
長ネギの青みが少ないかな?」と思いつつ、まあおいしくいただいた。すると、
突然ひとりで笑い転げている母。「実は、長ネギってことをすっかり忘れて、普
通に玉ネギ入れちゃったのよ!」そしてコロッケの形にまとめた後に気付いて、
慌てて長ネギを刻み、無理矢理後から混ぜたらしい。「またドジ話をアンタに書
かれちゃうから、黙ってたんだけど…」
 ひとつだけ長ネギを混ぜられなかった、真っ白いコロッケが自分に当たり、と
うとう黙っていられなくて、つい笑ってしまったらしい。
 ドジ話、私がねつ造してるんじゃないんです。あなたがご自分で日々作り上げ
ていることに、そろそろ気付いてくださいよ、母ヤスコ。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 いよいよ師走に突入しましたね〜。この言葉だけで、もうせわしない気分。
忘年会と大掃除で、スケジュール帳はすでにびっしり…。はあ〜、やれやれ。
 お知らせです。今月中に、HPの引っ越しをします。まだ準備中ですが、ちゃ
んと今までのアドレスから、ジャンプできるようにしますので、ご安心を。また
正式に移動したら、お知らせしますので、どうぞよろしく。
 
●今日の格言 『ハリポタ見に行く時間がないよ〜。屋敷しもべ妖精が欲しい!』
===============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
===============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
===============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
===============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
■Copyright(C) nanao 2002.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
===============================================================