□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2002.11.19 ── Vol.0035 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『なんちゃってバリアフリー』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
■□… スチャラカ日記『なんちゃってバリアフリー』 11月18日 …■□

 2年前の今頃。父ヨシオの退院に備えて、家は改築中で大騒ぎだった。

 「寝たきりか、良くても車椅子」と医者に宣言され、母ヤスコと一緒に在宅介
護をすることに決めたものの、一体何から準備したらいいのか、途方に暮れる。
 紆余曲折の後(詳しくはバックナンバー0024『家をどうしよう?』を読ん
でね!)、家をバリアフリーに改築することに決めた。

 1階の4畳半の和室を、6畳の洋室に増築して父の寝室にすることは決定。
あとはトイレやお風呂などの水回りと、玄関の段差をどうするかが問題だった。

 トイレはもともと洋式だったものの、とても狭くて車椅子は絶対に無理。洗面
所がトイレとお風呂の間にあったのだが、これらを全部一緒にしてしまうことに
した。
 そう、外国のバスルームをイメージしてもらうと、わかりやすいかも。フラッ
トな床に便座があって、洗面器があって、仕切りがあってお風呂。その片隅に洗
濯機も置いてある感じなのだ。なにしろスペースが無いので、ハリウッド映画み
たいな、大きな素敵なバスルームとはいかないが。
 
 お風呂は、ユニットバスを入れることにした。浴槽と洗い場の1坪タイプで、
明るい出窓がある。入口に段差が無く、大きく開く3枚の引き戸にした。段差が
無いのは、水はけがどうかちょっと心配だったが、排水溝がきちんとしているし、
段差の解消が最優先なのだから、この際そんなことにブチブチ言っていられない。

 浴槽は浅く、ちょうど壁際に腰掛けるようなスペースがある。移動の際、ここ
にいったん腰掛けて、手すりにつかまって身体を沈めれば、問題無し!
 ただ、ユニットバスにセットされていた手すりは、もう取り付ける位置が決ま
っていて、役立たずだった。仕方ないので、作業療法のリハビリの先生に監修し
てもらい、父にちょうど良い位置に、別途に手すりを付けてもらった。

 トイレ&洗面スペースも、車椅子の動線を考えて、悪戦苦闘。
「お父さんは右手が使えるんだから、トイレはこっちからでしょ」
「でも、それだと手すりが付かないよ」云々…。
 ようやく案をまとめ、リハビリの先生に見せると、
「あらら。これじゃ全然ダメよ。使い勝手、最悪!」
 くうぅ〜(泣)先生、私の代わりに考えてくれぇ!!

 それでもなんとか位置を決めた。入って向かって右側に、横向きに便器を置い
た。向かって左側に洗面器。この洗面器も工務店側は、下に物入れなどが付いて
いる、ドレッサータイプのものを考えていたらしい。
「手や顔を洗う洗面器だけのヤツを、壁に付けて欲しいんです。そうじゃないと、
車椅子の足が入りませんから」
 工務店の担当者は、そこまで考えなかった、と言っていた。
 
 ついでに、トイレットペーパーホルダーも、リハビリ病院で見た、普通と逆の
タイプを注文。片手でペーパーが切れるようになっている。担当者がわからない
というので、絵を描いてしつこく説明。そしたら、ちゃんと注文通りの物があっ
た。親切な私は、お金を払って、勉強させてあげましたとさ。
 
 さて、一番の問題は、玄関の段差をどうするかだった。
現代の一般的な日本家屋の我が家は、上がり框が結構高い。健常者が上り下りす
るには、別段高いとも思わないが、その段差をスロープで埋めようなんて思った
ら、もう大変。うちの狭い玄関スペースではとても無理だ。

 それじゃ、本で見た段差解消機を、土間に埋め込むのはどうか?これは見た目
も美しいし、スペース的にもなんとかいけそう。
 ところが、問題発生。玄関全体を本格的にいじるのは、時間的にも予算的にも
ちょっと無理があるのだった。

 わかった!じゃあ玄関じゃなく、父の部屋に直接、段差解消機を付けちゃえ!

 幸い父の部屋は、敷地外から入ってくると、一番手前にある。床までの窓を3
枚引き戸にして、大きく開くようにする。その外側に電動の昇降機を付ければ、
外との出入りは問題無いのだった。

 土だった地面はコンクリートを敷き、昇降機を埋め込む。車椅子で乗れば、そ
のままウィ〜ンと、垂直に上り下り。
 これは苦労しただけに、今では皆さんに褒められる。
「便利ですね。こんなのを付けてる家、なかなかありませんよ」
「へえ〜。良いのを付けましたねえ」
ええ、お値段も良かったですからね〜と、心の中でつぶやく。

 そんなこんなで、なんとか家を直し、退院した父ヨシオを迎えることができた。
その後約2年経つが、今まで格別に不便を感じることは無かったな〜。建築には
まるきり素人な私や家族が、無い知恵を絞り、間に合わせた『なんちゃってバリ
アフリー』なヨシオ宅。それでもどうにか暮らして行けるものだな〜と、しみじ
み思う今日この頃です。

         *  *  *  *  *  *  *

 今回は、ヨシオ宅バリアフリー化の、詳しいお話でした。
なにか具体的に知りたいところなどございましたら、できる範囲でお答えします
よ。お気軽にどうぞ!メールアドレスは下記の通り。
nanao@abox9.so-net.ne.jp
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■
 
 10年ぶりで、髪型を変えた母ヤスコ。白髪染めとパーマ、両方だと髪が傷む
と、しばらくパーマはかけてなかったのだ。
 最近髪のボリュームが気になるからと、パーマをかけてきた。確かにボリュー
ムは出たが、寝起きなどは爆発している。その爆発ヘアが、魔法使いサリーちゃ
んのパパそっくり。私が心の中で、「おはよう、サリーパパ!」などと呼びかけ
ていると、それが直感的にわかるらしく、慌てて髪を押さえる母。いつもながら、
結構お茶目です。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 先日、ポール・マッカートニーの東京ドーム・コンサートに行きました。ビー
トルズ・ファンの私は、生ポールに感動!思わず涙が出ました。還暦のポールに
負けず劣らずの、往年のビートルマニアなおじさま・おばさまのパワーに、圧倒
されましたよ〜。私も負けちゃいられないぜ!!まだまだ暴れるぞ〜!
 
●今日の格言 『ポール、長生きしてね!あ、ついでにリンゴも。』
===============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
===============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
===============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
===============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
■Copyright(C) nanao 2002.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
===============================================================