□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2002.10.22 ── Vol.0033 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『初恋の人症候群』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
■□■…… スチャラカ日記 『初恋の人症候群』 10月21日 ……■□■

 父ヨシオは、魚介類が好きだ。おいしい魚や貝が食べたいと、いつも言う。

 特に好きなのはイカとアサリ。イカの丸焼きが大好物という、庶民的なところ
が微笑ましい。中でもゲソがお気に入りで、夕食の席にひとり一パイの丸焼きが
出たりすると、もう大変。
「七緒ちゃんのゲソ、おいしそうだね。ちょうだいよ」
「イヤだよ!お父さんの所にもちゃんとあるじゃん、ゲソ」
「そっちのも食べたいんだよ〜」などと、馬鹿馬鹿しい会話が繰り広げられる。

 アサリに至っては、身体が不自由になる以前は、自分で調理するのがお得意だ
った。実際、父の作るアサリの酒蒸しや、バター炒めはおいしかった!
 それができなくなったので、なおさらおいしいアサリの酒蒸しに憧れてしまう
らしい。

 「いつになったら、アサリが出てくるんだ?」と、イヤミっぽく母ヤスコに訊
いている。「そんなこと言ったって、いつもいいアサリが売ってるとは限らない
のよ!」と、母も負けてはいない。
 そりゃそうだ。大体が、毎日毎日魚屋さんやスーパーへ、買い物へ行くわけで
はない。昨日のカレーの残りを食べる日もあれば、大雨で買い物に行くのが面倒
になって、あり合わせの物で済ませる日だってある。

 さて今日は買い出しだ!と、スーパーへの買い物につき合わされる。せっかく
今晩は父の好物にしよう…と、母が思ったとしても、たまたまアサリやイカが切
れていることだってあるんだ。
「あっ!今日は良さそうなアサリがあるじゃん」
「あら本当ね!お父さん、喜ぶわよ〜」と、私たちも喜ぶ。

 そして、アサリのお味噌汁が、父ヨシオに供される。なぜ酒蒸しでないかとい
えば、「お父さんみたいにうまく作れないから」とかなんとか母は言い訳して、
簡単なお味噌汁を作るからだ。

 「どう?リクエストのアサリのお味は?」と訊くと、
「……。思った程じゃないな」と言ったまま、ほんの一口だけで、もう食べよう
としない。私と母、アサリに振り回された挙げ句、この素っ気なさ。ムカつく。

 そうかと思えば、今度はお気に入りのドーナツの事を言い出す。
 東京に住む七緒の伯母(父ヨシオの姉)が、遊びに来るときにいつも買ってき
てくれるドーナツだ。丸くて穴の空いているドーナツではなく、ひと口サイズで、
砂糖でアイシングしてある。確かにおいしいけど、特になんてことないドーナツ
だ。でも、父はこれが大好きで、他のを買ってきても食べない。

 久しく伯母が遊びに来てくれないと、
「あのドーナツが食べたいから、買ってきてくれ」とうるさい。
「ええ〜?わざわざあそこまでドーナツ買いに行くの?そんなに暇じゃないよ」
そこでクッキーかチョコレートかなにか出すと、ドーナツのことは一時忘れてく
れるようだ。

 そうこうして待ちわびた伯母のドーナツが、ようやく父ヨシオの元に。
「よかったね〜。どう?やっぱりおいしい?」
「……。まあ、こんなもんだな」
もっと他に表現の仕方は、ないのかい?父ヨシオよ。せっかく伯母さんが買って
きてくれたというのに。

 そんなことが何回かあり、私は気付いたね。
 父ヨシオの場合、自分の思い通りに調理したり、好きな物を買ってきたり、ど
こかへいつでも食べに行けるわけではないので、自分の好物のイメージが、どん
どん膨らんでしまうのではないか?そして勝手にものすごく期待してしまい、憧
れた挙げ句にようやく口にすると、思ってたものより劣る気がして、がっかりす
るのでは??

 その一連の行程は、何かに似ている。そう、スバリ『初恋の人』だ!
 ずっと会っていない初恋の人。遠く幼い日のイメージは、懐かしく恋しく、ど
んどん美化されていく。ああ、ひと目で良いから会ってみたい…。
 その夢がかなって、ある日かの人に会えたら、すっかり年を取って、お腹が出
ていたり頭髪が淋しくなっていたり、ただのオヤジになっていた(自分のことは
棚に上げる)。
 幼い日の美しい思い出は、ガラガラと音を立てて崩れていく。あ〜あ、こんな
ことなら会わなきゃ良かった。あの日の思い出のままでいて欲しかった…。

 どうでしょう?
 好物への憧れ→味覚のイメージ勝手に拡大→実際の味覚とのギャップ→がっか
り度の増大。これは父ヨシオにおける『初恋の人症候群』とは言えないでしょう
か!?

 まあ、それでも、食べ物について、父はそれほどうるさくない方だとは思う。
私がもし父のような立場だったら、もっともっと「あれが食べたい!」「これが
飲みたい!」と大騒ぎするであろうから。
 そして大好物のプリンについて、ああでもないこうでもないとケチを付け、
「やっぱりモロゾフのプリンが食べたい!今すぐ買ってきて!!」などと叫び、
大ヒンシュクになりそうな気がする。

 それにしても食事は、数少ない父ヨシオの楽しみのひとつだ。なるべく気の済
むようにしてあげたい。でもね〜、体重が、ねえ〜。その兼ね合いが、難しいと
ころですわ。日本一、焼き芋が似合う男・父ヨシオ。この秋も、やばいです。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■
 
 一昨年まではビデオの予約はおろか、再生すらも操作できなかった母ヤスコ。
七緒のいない時にも、父ヨシオとビデオを見られるように、特訓した結果再生だ
けはできるようになった。先日、ビデオの予約を忘れ、電話で母に指示してGコ
ード予約させると、「あら、なによ簡単じゃない!もう予約はバッチリよ!」
いくら教えようとしても、逃げていたくせに。すぐに調子に乗るよ、この人は。
 最近の母は、スカパー!のお気に入りの番組だけは、リモコンで切り替えて見
られる。日々進歩する事柄があって、ある意味、羨ましいっす。 
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 もうすぐ家族と知人の総勢11名で、温泉です。どんな旅になるのやら…。
 それにしても、初恋の人…。私のタツヤ君は、今どうしているのやら。やっぱ
り会わない方が、お互いのためだよね??そういうことに、しておこうっと。 
 
●今日の格言 『ボーナスないくせに、ボーナス払いにしてどーするよ!?』
==============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
==============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
==============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
==============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
■Copyright(C) nanao 2002.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
===============================================================