□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2002.09.24 ── Vol.0031 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『国際福祉機器展』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
■□■…… スチャラカ日記 『国際福祉機器展』 9月23日 ………■□■

 『国際福祉機器展 H.C.R. 2002』に行ってみた。

 9月10日から12日までの3日間、東京有明のビッグサイトで『国際福祉機
器展』という催しがあることは、知っていた。時間があれば、行ってみようか…
程度の興味だったのだ、正直な話。

 なぜかといえば、展示会というのは、ものすごく疲れる…という印象がある。
自分がよく行く展示会は、仕事で行かなきゃならない文具関係の見本市。ビッグ
サイトや幕張メッセなど、大きな会場にひしめく文具や事務機器各社のブース。
メーカーの営業マンと、買い付けに来た問屋さんの商談をすり抜け、ライバル社
のデザイン偵察。プランナーやデザイナーだと正体が知れると、イヤな顔される
ので、オヤジの海の中をクラゲのように、あっちフラフラこっちフラフラ…。

 そんないい印象のない『展示会』と名の付くものに、仕事でもないのに行く気
しないな〜と、漠然と思っていたのだ。
 
 そこへ、このメルマガの読者で、よくメールをくださるSさんから、お誘いが。
ご自身も左の上下肢にマヒをお持ちだが、すごいアイデアマン。ご自身の体験を
元に自助具を発明し、何点か商品化もなさっているのだ。その商品をNPO法人から
展示会に出品されるので、Sさんも会期中ブースに詰めてらっしゃるとのこと。
「良かったら、七緒ちゃんもいらっしゃい」と声をかけていただいて、ようやく
重い腰を上げたのだった。
 
 素直な感想。「行ってみて良かった!!」

 まず何に驚いたって、ハンディキャッパー達の元気なこと!!(障害者という
単語は、いまひとつ好きになれないので、あえてこう呼ばせていただく。英語と
して正しいのかは知らないが)

 会場は、製品ごとに6ホールに分かれていて、とても広い。そして沢山の人が
来ていて、混み合っている。メーカーの関係者、問屋さん小売店さん、福祉関係
のお仕事の方、看護士さんの卵たち…。そして、エンドユーザーであるハンディ
キャッパーさん達が、これでもかと大勢押し寄せているのであった。

 ひとくちにハンディがあると言っても、その障害は人それぞれ。あらゆる障害
を持つ方々が、一同に会し、目を輝かせて自分のハンディ克服に役立つグッズに
喜んでいる。小さな物は歯ブラシから、大きな物はシステムキッチンや車まで。
ありとあらゆる福祉機器が、所狭しと並んでいる。
 これは自分自身の目で見て手で触れ、試してみるのが一番だよな〜と、感心す
ることしきりなのだった。
 
 なにより素晴らしいのは、あらゆるハンディキャッパー達が、こうして実際に
出かけてきていること。

 目の不自由な方が、3人4人とつながって歩いているかと思えば、腹這い状態
でベッドくらい大きな車椅子(車ベッド?)を運転している方がいる。誰かと比
べることは良くないことだけれど、この場にいると、「父ヨシオのハンディなん
て、全然問題無いし、むしろ健常者に近いほうじゃん!家に閉じこもってる場合
じゃないよ!」なんて気がしてくるのだ。

 お世話係らしき人に引率されて、エレベーターを待つ車椅子ユーザー5〜6人
の団体。看板の前でピースサインをして、記念撮影している20人位のお年寄り。
小さなお子さんの車椅子を押す若いママ。みんなとても輝いていて、この展示会
をイベントとして楽しんでいる様子が、伝わってくる。
 そうだ、お祭だ!この展示会は、ハンディキャッパー達の、お祭なんだね。

 さてさて、私をこの場に呼んでくださったSさんには、無事に会えました。
そして、父ヨシオに便利なグッズは何かないかな〜と、目を光らせてはいたけれ
ど、取り立てて今必要な物は、無かったようだ。シートが回転するタイプの車は、
とても素敵だけど、おいそれと買えるわけじゃなし。

 参考までに、この『国際福祉機器展』で気付いた情報を少し。
●入場無料。これって重要だよ!
●商品によっては、個人でその場で購入できる物もあるらしい。荷物は会場に待
 機している飛脚マークの宅急便で送れる。
●当日、いろいろなセミナーやワークショップの催しもあるので、要チェック!
●会場はもちろんバリアフリーで、トイレや介助室、救護室も完備。車椅子の貸
 し出しも有り。
●最新情報は、下記のホームページから。福祉機器の情報収集にどうぞ!
 http://www.hcr.or.jp

 ちなみに、この日試しに万歩計を付けていって、帰ってから見たら、二万歩を
越えていた。そうなのよね、歩き回るからやっぱり疲れるのよね〜。でも、全国
から集まった、ハンディキャッパーさん達の元気をたくさんもらったので、気分
は最高にハッピーだったさ!来年はぜひ、父ヨシオをこのお祭に参加させてあげ
ようと、心に決めたのでした。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■

 3人目の孫のお祝い事があり、お料理を持参することになった。何を作ろうか
散々悩み、おでんに決定!わざわざ車で30分かけ、おでん種屋さんへ買い出し
に。それでも足らずに、野菜物やなにかは近所のスーパーで購入。案の上、もの
凄い量にふくれあがり、大きなお鍋2つに分けて煮る。しかし、父の好きなハン
ペンと、七緒の好きなガンモドキは入っていなかった。苦情を言うと、「お母さ
んはあんまり好きじゃないから」だって。ひどいぞ、母ヤスコ!
 あちこちに分けてあげて、たっぷり毎食・3日間で食べ切った。当分の間、お
でんは遠慮しておきたい気分です。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 急に秋らしくなって来ましたね。庭のキンモクセイも香ってます。秋になると、
袷の和服が着られるので嬉しい〜!意味無く家で着ていたりします。
 その半面、洋服はどんどんチープ路線に。バシッと和服か、どうでもいいTシ
ャツか…。すごい極端になっちゃって、「ちょっとよそいきの洋服」がないので
す。ま、いいか。『普段にも着物を着よう振興会』、会員募集中!!

●今日の格言 『スカートの下にジーンズ履いちゃえ。これでも37歳です』
==============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
===============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
===============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
===============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
■Copyright(C) nanao 2002.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
===============================================================