□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2002.06.11 ── Vol.0024 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『家をどうしよう?』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
■□■… スチャラカ日記 『家をどうしよう?』 6月10日 ………■□■

 父ヨシオが脳梗塞で倒れ、2回目の転院でリハビリ病院に移ることになった。
倒れた直後はもちろん寝たきりで、意識も朦朧としていたが、この頃はもうなん
とか自分で車椅子を漕いだり、できるようになっていた。

 このリハビリ病院では、大体2ヶ月で、退院させるという。そうなると、12
月初旬には家に戻ってくることになる。それまでに、家をなんとかしなくちゃ!
大慌てで父を迎える準備を始めたのだった。

 父が倒れた当初から、脳梗塞の範囲の広さと、左半身マヒの重さで、車椅子の
介護生活になることは、覚悟していた。とは言っても、入院中のリハビリでどの
程度まで回復するのかは、やってみなくちゃわからない。でもでも、そんな悠長
なことを言っていたら、いつまで経っても、父が帰るべき家の準備ができない!
高い段差の上がりかまち、狭いトイレ、段差だらけのお風呂。第一、1階に、父
の居室にする部屋が無いのだから。

 とにかく、見切り発車で動き始めることにした。こう考える。
「悲しいことだけれど、父はこれからますます年を取り、動けなくなって行くこ
とだろう。歩けるようになったら、それはそれで嬉しいこと。でも、これからの
ことを考えて、なるべく介護に都合のいい環境にしておいた方が無難だ」

 まずは、『今住んでいる自宅でいいのか』から検討する。
七緒は一人暮らしで同じ市内にアパートを借りていた。弟と妹は、それぞれ家庭
を持って暮らしているので、父母は夫婦水入らずの生活だった。七緒がアパート
を引き払い、ひとまず戻ってくることに決めていたけれど、果たしてこの築23
年の家をリフォームでいいのか?

 というのは、母は前々から日当たりの悪さを嘆き、「お父さんが退職したら、
どこか田舎でいいから、パーッと日当たりの良い家に住みたいな〜」などと言っ
ていたのだ。どうせリフォームにお金を掛けるのなら、いっそのこと住み替えて
しまうか?

 しかし、冷静に考える。
「どこか田舎」って、一体どこ?「パーッと日当たりの良い」バリアフリーな家
が、そうそう簡単に見つかるのか?大体、この家が売れなくては、元手だって足
りないぞ。日にちがないっつーのに。
 
 それじゃ、もう既にバリアフリーになっている、マンションを探すのはどうだ
ろう?どうせ3人の暮らしだし、一戸建てにこだわらなくても、かえって便利か
もしれない。もともと都会志向の私は、都心に近くて交通の便のいい所に住みた
いと、今も思っている。

 でもさ、そりゃお金が有り余るほどあれば、よりどりみどりだろうけど、やっ
ぱり分譲は無理。賃貸物件でも、ある程度の理想を求めたら、家賃が高いに決
まってる。今のヨシオファミリーに、そんな経済力は、はっきり言って、無い。

 それじゃあ公団や、地方自治体が家賃を援助してくれる、民間の賃貸マンショ
ンはどうよ?それならなんとかなるかも。この際、同じF市内でいいから。

 早速問い合わせてみるが、既存の公団はかなり古いものが多く、バリアアリー
全開。新しいところでも、いつ空きが出て、入居者の募集があるかわからない。
それは家賃援助のある民間マンションでも同じ事、だそうだ。
 「うちはこれこれこうで、今すぐにでもバリアフリーの住居が必要なんです。
障害者を、優先して入れてくれるようなシステムは無いんですか?」と、図々し
くも迫ってみたが、そんなものは無いという。

 市役所に出かけ、公団の事務所に出かけ、パンフレットを集め、あちこち電話
を掛けまくって、出た結論。
「やっぱりこの家を、リフォームするしかないね…」

 せめて住宅改修に、地方自治体からいくばくかのお金が出れば、気持ちも違う
のだけれど。果たして我がF市は、一銭も出ないのであった。同じ県内には、か
なりの額を援助してくれる所もあるらしい。ちぇっ!ケチケチしちゃってさ!な
どと、たいした税金払ってないくせに、文句を言ったりする。
 結局、介護保険で20万円の一割負担(つまり18万円)という、住宅改修費
があるだけなのであった。シオシオのパ〜(古い?)。

 しかし、ぼんやりしている暇は無い。弟や妹にも協力してもらいつつ、家のリ
フォーム案を練る。一級建築士の先生に無料でアドバイスしてもらい、前々から
知り合いの工務店に相談。インチキな図面もどきを私がパソコンで作成し、ケア
マネやリハビリの先生にも見てもらう。

 そうこうするのにも、実家とアパートの往復は大変。アパートを引き払う荷作
りをしながら、増えた荷物を入れるため、実家の片づけもしなければ。1階の半
分近くをリフォームすることになるので、その部分も空けなければならない。そ
うなると、2階の今までの父の部屋に詰め込むことになり、父のがらくた類をど
うにかしなくっちゃ。家の裏にある大きな倉庫も置けなくなるので、近所のレン
タル倉庫を借りないと。あ〜、もう!家の中はしっちゃかめっちゃかだ!!

 まったく、この頃の私と母ヤスコは、毎日毎日、家のがらくた達と格闘してい
た。その内、職人さん達が入り、家の内外はガタガタと落ち着かない。トイレは
仮設、お風呂は銭湯。毎日父のお見舞いに行き、父は早く退院したいと訴える。

「あ〜、ほんっとに疲れたね〜」と私が言う度に、
「まだまだ。お父さんが帰ってきたら、もっと大変になるのよ」と母ヤスコは
言っていた。それはある意味、当たってはいるんだけど。

 今思い出してもあの奮闘ぶりは、我ながらよくやった!と誉めてやりたいよ。
 それにしても母ヤスコがみるみる痩せていったのに、私はぜ〜んぜん痩せな
かったのは、一体どういう訳?ここでへばってたまるかと、無理に食べていたせ
いかしら?母も一緒に食べてたのにさ。いまだにどうも、納得行かないぜ。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■

 母ヤスコの今一番の趣味は、絵手紙。「へたでいい、へたがいい」のモットー
で、今日も墨を擦っては描いています。これがまた、なかなか素直ないい絵なの
です。プロの七緒が言うんだから、間違いありませんぜ。
 そんな母の絵手紙コーナーを、ホームページに設けることにしました。題して
『母ヤスコ・絵手紙彩時記』。「彩時記」はちょっぴり気取って「ダイアリー」
と読むの。乙女ちっくでしょ?季節の移ろいを絵手紙に託して、あなたにお届け
します。随時更新予定。さあ、下記のアドレスから母ヤスコ・ワールドへ!

http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 9日のワールドカップ予選・ロシア戦は、国立競技場へ見に行きました!もの
すごい盛り上がりで、100万回くらい「ニッポン!!」と叫んだね。モニター
を見るだけとは言え、5万人が一体になっているのは、本当に鳥肌モノ。もちろ
ん、この勝利の女神が足を運んだからは、負けるわけがないのさ。ふふふ。
 14日のチュニジア戦は、家で父母と盛り上がります。このところビールの消
費量が増えてしょうがないよ〜。6月いっぱいは、許してね?
 
●今日の格言 『今度は頼むぜ、ゴン・ゴール!』
==============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
===============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
===============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
===============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
■Copyright(C) nanao 2002.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
===============================================================