□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2002.05.28 ── Vol.0023 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『史上最悪の大ゲンカ』
       ●お便りコーナー
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
■□■… スチャラカ日記 『史上最悪の大ゲンカ』 5月28日 ……■□■

 父ヨシオがリハビリ病院を退院して、自宅で介護生活を送るようになってから、
ほとんど毎日30分、リハビリの時間を取っている。 

 リハビリ教官は私。鬼教官で有名。母ヤスコは、ストレッチや筋トレなど、本
物の理学療法士の先生から、教わろうともしなかった。もっとも、母は肩が痛い
だの膝がどうのだの、しょっちゅう言っているので、父のリハビリのために、自
分の身体を悪くされても困る。

 入院中から、理学療法士の先生に『自宅でのリハビリの介助』の指導を受ける。
脚や腕のストレッチのしかた、腹筋や背筋のトレーニングのさせかた、歩行訓練
をする時のサポート、等々。後は先生のやり方を見よう見まねで、なんとかやっ
ている。
 
 本職の先生が現場を見たらきっと、「あ〜!そんな無茶したら、筋を痛める!」
などと思われることだろう。でも、先生方は実際には『スパルタ教官に鍛えられ
た父ヨシオの身体』しか見られないので、「うん、よくがんばっていますね。関
節も柔らかいし」なんて誉めてくださる。それを笠に着て父に、「さ〜、今日も
リハビリがんばろうね!!」と張り切っては、嫌がられる。

 以下は、介護生活2〜3ヶ月頃、弟や妹に書いたメールです。私信なので、読
み物としてはくだけすぎてるけど、リアリティーが感じられると思うので、その
まま読んでみてくださいな。

    : : : : : : : : : : : : : :

 昨日、父と喧嘩してさ。っていうか、私が一方的に怒鳴ってたんだけど。
お昼前に、ストレッチとリハビリをしてたのね。
そうしたら、いつもよりも足を痛がって、
「もういい、もういいよ。そんなに痛くしないで、やってるふりでいいよ!」
とか言うんだよ。

「なにそれ。やってるふりなんかしたって、何の意味もないじゃん?!」
「だから、痛いのはいやだから、もうやらない!」
「痛くたってやらなきゃ、歩けるようにならないよ?!」
「歩けなくたっていい。もうリハビリなんてしない」

ブチッ!!堪忍袋の緒が切れた!!

「あっそー!んじゃ、もういいよ。一生リハビリなんてしてやんねーよ!
 全く、誰のせいで私もお母さんもみんなも、こんなに苦労してると
 思ってんの?せっかくここまで良くなってきたのに。
 リハビリもなにもしないで、足も弱ってどこにも行けずに
 寝たきりになっちまえばいいんだ!」

自分でもビックリするくらいの大声で怒鳴ってたら、母が飛んできた。

「お父さん、痛いのはわかるけど、それをみんながんばって
 やってるんでしょう?大の男が泣くぐらい辛いらしいって、自分でも
 言ってたじゃないの。」

父はむくれて、黙っている。

「お父さん、今は本当にリハビリのおかげで、ここまで良くなったんだよ。
 初めは、『良くて車椅子、悪くすると寝たきり、歩くなんてとても
 無理でしょう』って、先生に言われてたんだから。
 それを聞いて、何日泣いたことか。でも、みんなでがんばって、
 家も直して、お父さんもここまで良くなってきたんだよ。
 それを少しくらい痛いからって、リハビリ辞めちゃったら、
 なんにもなんないじゃないの。」

母がこんこんと諭している。
父はイヤイヤのように、首を振ってまだふくれている。
しかし、私は気付いたね。
父も悪かったとは思ってるが、娘に頭を下げるのがしゃくなんだろう。

「よーし。わかった!やらないって言ったって、どうせ動けないんだから、
 勝手にやっちゃうもんね。もっと痛くしちゃうもんね!」

そう、明るく言い放って、思い切り力を入れて曲げてやった。

「いてててて!」と叫びながら、父も照れ笑いをしている。

今日は文句も言わず、素直に取り組んでいた。
母に「今日はちゃんとやってるね」と言うと、
「昨日の今日で、心を入れ替えたんじゃないの」だって。

確かに痛いのはわかるさ。誰だって痛いのはイヤだよ。
でも、心を鬼にして(ホントよ!)
「足首が固まっちゃったら、歩けなくなる、そしたらそれは全部
 リハビリを受け持ってる私の責任だ!」…とまで思い詰めて
できるだけ時間作って接してるのに、父はわかっちゃくれないね。

イヤ、わかってるけど、つい「もういやだ」って、
放り投げてみたくなったのかな。
確かに、終わりがないもんね。あと何日やったら、完璧に歩けます!っていう。

最近、本当に感じるのは、
「介護には休日も終わりもない」ってこと。
終わりは、どちらかが死んだ時だもんね。

おお、なんか暗くなってごめんよ。決して悲観的になってるわけじゃ
ないんだけどさ。ちょいと昨日は頭に来たもんだから。
でも、私的には怒鳴ってすっきりした(笑)。
父も心を入れ替えて、リハビリに励む気になってくれたみたいだし。
めでたし、めでたし?

    : : : : : : : : : : : : : :

 いや、別に、心を入れ替えた訳じゃないみたい。この娘にかかっちゃあ、無駄
な抵抗だと悟ったんじゃないかな。ははは。

 それにしても、あの時の怒りは、我ながら凄まじかった。まさに髪の毛が逆立
つ感じ。父にしてみれば、わかっちゃいるけど、やっぱり痛いのは耐え難い。身
内だからついわがままも言いたくなる。しかしそれを受け入れてあげられるど、
私は人間的にできてはいないのだ。あまりの理不尽さに、実の親を怒鳴りつける
バカ娘なのさ。ここ10年で、あれほど怒ったことはなかったね。

 しかしまあ、派手な大ゲンカをしても、スチャラカファミリーのこと。すぐに
いつものように戻れるのが良いところ。まだまだ続く介護生活を、適度に熱く適
度に流して、やっていきましょうや。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… お便りコーナー …………………………■□■

 読者の万里子さんからお便りをいただきました。一部ご紹介します。

> 今日のメルマガを見て、私の実家の父も茨城県にある
> リハビリ専門の病院に数ヶ月入院をして、OT・PTに
> 励んでいた事を思い出しました。

> A町にある、その病院も朝、起きると一人での着がえから始まり
> 洗顔・歯磨き・食堂での食事・トイレ・入浴とほとんど一人で
> 出来るようにとのリハビリでした。
> ですから、やはり結構厳しかったようでしたが本人は一生懸命でした。

> 車椅子の人が自動車に乗る訓練をしているのを見て
> びっくりしていたら、隣では、半身が麻痺していると思われる女性の
> 方がお化粧の訓練をしていました。
> すっごい〜、と思いました。

 そうなんですよね。PT(身体のリハビリ)の方は、ストレッチしたり歩いた
りでお馴染みですが、OTの方は各個人によって色々な作業療法をするので、
ちょっと興味深かったです。車の運転の練習をするゲームみたいなパネルがあっ
たり、パソコンに向かっている人がいたり。女性は家事の訓練をしている人も多
かったですね。片手でお料理…。う〜ん、これは難しそうだ。
 
 リハビリの先生がおっしゃっていましたが、『リハビリのためのリハビリ』で
は、向上しないそうです。生活をする上の作業があって、それを必要に迫られて
努力をすることが、一番のリハビリになるそうです。そうかもしれませんね。
 父ヨシオが一番したがっていること…。釣りかゴルフだな。どちらもかなり難
しそうだけど、諦めずにチャレンジすることが大切かも。差し当たり、オモチャ
のお魚を釣るゲームでも、買ってきますか。

             ……………………………
 いつも皆様にメールをいただき、本当に嬉しく思います。とっても励みになり
ます!このメルマガのご感想の他、ご自身の体験や全然介護に関係ないことでも
オッケーです。なんでもお便りくださいね!お返事は必ず書きますので、少々遅
れても待っててくださいませ。また、読者の皆様に読んで欲しい内容は、許可を
得た上で、今回のようにご紹介させていただく場合もありますので、よろしく!
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■

 「春菊と桜エビのかき揚げ、新聞に載ってたの。美味しそうでしょ。今晩作る
から」と、大根その他買いに行かされた。
 できたわよ〜と呼ばれてキッチンに行くと、緑色の全くないかき揚げが。
 「あれ、春菊は…?」恐る恐る訊くと、「あらっ!!」と、棒立ちになる母ヤ
スコ。当初の計画をすっかり忘れ、普通のかき揚げを作成したらしい。
 「またネタを提供しちゃったわね…」と、悲しげに俯いていた。まったく、そ
れでよくこのコーナーの文句が言えるよねえ?でも、普通のかき揚げも、美味し
かったですよ、はい。
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 いよいよサッカー・ワールドカップが始まりますねえ。うきー!わくわく!!
実は七緒は、知る人ぞ知る、中学時代にサッカー部のマネージャーをしていたの
であります!本当は高校でもやりたかったんだけど、あまりの高倍率に諦めて、
なぜかバドミントン部に入ったのであります!ってなわけで、バドミの仲間と
サッカーを語る、今日この頃です。ちなみに私はゴン中山が大好き。うちのペッ
ト・シマリスのゴンちゃんは、彼から名前を貰ったのよん。メスだけどね。

●今日の格言 『明神のプレイは、通好みのいぶし銀だぜ』
==============================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
==============================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
==============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
==============================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
■Copyright(C) nanao 2002.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
==============================================================