□■□■□───────────────────────────────
■□■□■  
□■□■□ 【七緒のスチャラカ★介護日記】
■□■□■  
□■□■□──────────────── 2002.04.30 ── Vol.0021 ──

       左半身マヒとなった父ヨシオ。母ヤスコと長女・七緒が自宅での
       介護を決意した!お気楽3人家族の、手探り介護マガジンです。
──CONTENTS──────────────────────────────
       ●スチャラカ日記 『車椅子で露天風呂』
       ●今日の母ヤスコ
       ●編集後記
────────────────────────────────────
■□■…… スチャラカ日記 『車椅子で露天風呂』 4月24日 ……■□■

 ヨシオファミリーは、自他共に認める旅行好き。
父が身体が不自由になる前は、国内の名所はほとんど制覇、海外は香港・中国・
ハワイ・イタリア・ギリシャ・スペイン…と、暇に任せて旅行しまくっていた。

 身体が不自由になってからも、房総半島や箱根、諏訪湖などへ車で旅行。
 その度に、バリアアリーで不快な思いをしたり、意外にバリアフリーで快適
だったり。なにしろ出かけたがりなので、ちょっとでも良さそうな(行けそう
な)観光地の情報を得ると、すぐにでも行きたがる。

 今回の旅行に決定したのは、那須高原。たまたまインターネットで『車椅子で
泊まれる宿』みたいなHPを発見。そこに載っていたペンションは、車椅子で入
れる露天風呂があるというのだ。那須高原なら近いし、ゴキブリと同じくらい嫌
いな首都高速を走らなくてもいい!!早速父母に話をすると、もちろんOK。
それじゃあ、暖かくなったらね…ということで、4月中旬に決定した。

 父ヨシオを連れてのドライブ旅行。何回か行く内に、注意点がわかってきた。

 その1.とにかく重要かつ切実な問題はトイレ。
こまめに車椅子用トイレのあるスポットに立ち寄ること。高速道路はその点、S
AやPAに必ず設置されているので、ありがたい。国道や県道の『道の駅』も、
頼れます。

 その2.バリアフリーな観光スポットを、どう探すか。
父母の場合、『どこへ行きたいか』より『どこでもいいから行きたい』なのだ。
ちょっと間違ってる気がするけどさ。
 まずは旅行前に、観光パンフレットやガイドブックをゲット。遊園地や、動物
のいる牧場みたいな所は、まずパス。そうすると大体、美術館や植物園など、静
かでゆったりした所に絞られる。
 何カ所かチェックしておき、あとは当日の体調や気分、実際に近くまで行って、
雰囲気を見てから決める。バリアフリーかどうか、不安な場合は電話で確認。こ
ういう時、携帯電話って本当に便利だな〜と思う。

 その3.食事をどこでとるか。
 旅行の楽しみのひとつに、現地の美味しいものがある。ガイドブックにも沢山
載っているが、『頑固オヤジの手打ちそば屋』などは、悲しいかな車椅子では入
れそうもない。高速道路のSAや、大きなドライブインなどは、トイレもあって
安心だが、大抵それなりの食事。今までに何回残念な思いをしたことか。
 そこで裏技。ガイドブックに載っているお店の、駐車場の台数をチェック!多
ければ多いほどお店は大きい。大きいほど、バリアフリー率は高まる、という計
算。料理の写真しか載っていない場合、この裏技は有効です。

 その4.無理な行程にしない。
 車椅子での移動は、とにかく時間がかかるし、疲れも出る。早めにチェックイ
ンして、宿でゆったりのんびりすることも重要。

 そんなこんなで、遅めのお昼を地ビール園でとり(ビール好きな七緒が、飲ん
だかどうかは内緒!)、美術館をひとつ見てから、今夜のお宿に到着。
 ペンション『ガストホフ エール』さんは、イギリスの田舎館をイメージされ
ているそうで、外観も内装も素敵。特にイギリスで買い付けた、重厚感ある年代
物の家具と、洒落たバーバリーのファブリックは感動モノ。

 オーナー夫妻は、おだやかで親しみやすい人柄だった。奥さんは以前、福祉関
係のお仕事をされていたそうだ。旦那さんが会社を退職されて、ペンション経営
を考えたとき、障害者の方々の「車椅子でも入れる露天風呂があればなあ」の声
に、どーんと応えてバリアフリーにしたんだって。有り難いではありませんか!
車椅子対応ルームは2部屋。完璧なトイレと座シャワー完備。おお、グレイト!

 ウェッジウッドの食器で夕食をいただいた後、お目当ての露天風呂。
 家族やグループで貸し切りにできるので、他のお客さんに気兼ねはいらない。
今まで泊まった旅館やホテルは、大浴場まではバリアフリーになっていなかった。
私と母が、男湯で父ヨシオを介助するわけにもいかず、弟などに同行してもらっ
たとしても、杖で入るのは危険すぎる。家族風呂でしっかり手すりなどがある温
泉もなく、結局お風呂は諦めていたのだ。

 こちらの露天風呂は、ロの字型にスロープになっていて、お風呂用の車椅子に
乗って入ることができる。母ヤスコと私は、水着にTシャツ姿。介助するのに、
一緒に濡れてしまっては、寒いからだ。
 普通の温泉は、大浴場であたたまった後、おもむろに露天風呂へ入る。こちら
はその大浴場はないので、洗い場で父の身体を洗う。シャワー全開であたためた
後、用意されていたポンチョのような物で、車椅子ごと身体を包んで、外へ。

 4月でも高原の夜は冷える。父は「寒い、寒いー!」と大騒ぎ。でも、ここで
焦っては危険だ。スロープを後ろ向きでゆっくり下り、一番深い所で手すりにつ
かまりながら、車椅子から降りて温泉に身を沈めた。4〜5人は入れる広さ。

 さすがに父は嬉しそう。「ほら、星が見えるよ〜」と、のどかにはしゃぐヨシ
オファミリー。しみじみと私と母ヤスコを見て、父が言う。
「せっかくの露天風呂なのに、水着なんて…」
「な〜にバカなこと言ってんの!?」「なに考えてんのよ?スケベじじい!」
父は、風流を損ねると言いたかったらしいが、こっちはそれどころじゃないっつ
ーの。事故が無いように、必死にあれこれ考えながらやっているのに、まったく
のんきでいいよ、この男は。

 翌朝、おいしいパンを沢山食べ、オーナー夫妻と話をする。付近の見所などを
詳しく教えてもらう。もちろんバリアフリー情報も。
 今回はオフシーズンのウィークデイだったので、うちだけで貸し切り状態だっ
たが、ペンションならではの、他のお客さんとの交流も楽しいかもしれない。
「また絶対来ますね!」と、イギリス田舎館を後にする。
 
 桜の開花が異常に早まった春だったが、那須高原はまだあちこち花が残ってい
て、川沿いの公園を散策。植物園で、大輪ベゴニアという、初めて見る大きな花
に感動し、お土産をあれこれ選ぶ。そして軽くおそばを食べ、帰路に就いた。

 「あ〜、やっぱり家はいいね〜」と、両親は旅行から帰ると必ず言う。そのく
せもう、次はどこへ遊びに行こうか考えているのだ。つき合いますとも、どこへ
でも。念願のグァム旅行も、そろそろ真剣に考えちゃおうかな〜?
    
            ……………………
 今回お世話になった、那須高原『ガストホフ エール』さんのHPは下記にな
ります。もちろん健常者も泊まれます。興味を持った方は、ぜひどうぞ。
http://www.yell-nasu.com
     
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 今日の母ヤスコ …………………………■□■

 母ヤスコは、自他共に認めるいい姑だ。
 七緒の義妹に「家計簿なんて、つけなくていいのよ!あんな面倒な物、頭がお
かしくなっちゃう」と言い放って苦笑された。まあ、細かいことにこだわらない
のは、いいと思うけど、あんまり大雑把なのも…、ねえ?
────────────────────────────────────

■□■……………………… ホームページのご案内 ………………………■□■

 【七緒のスチャラカ★介護日記】ホームページのご案内です。『まぐまぐ』で
開始する前のメルマガバックナンバーや、ヨシオファミリーの素顔も(イラスト
だけど)ご覧いただけます。便利な手作り介護グッズ紹介、父ヨシオギャラリー
も見逃せません!ファン続出の爆笑『ひとこまマンガ』、『今日のつぶやき』も
気まぐれに更新してます。ぜひ一度遊びに来てくださいね!!
http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
────────────────────────────────────

■□■…………………………… 編 集 後 記 …………………………■□■

 今回は諸事情により、発行が1週間延期になり、申し訳ありませんでした。 
心よりお詫び申し上げます。父ヨシオの体調悪化などではありませんので、ご安
心を。心配してメールをくださった方々、ありがとうございました。
 
 みなさま、GWはいかがお過ごしでしょうか。私は父母を放り出し、軽井沢へ
行って来ました。澄んだ空気、萌える新緑の木々、小鳥のさえずり。嗚呼、夢の
ような日々だったわ。気分はリフレッシュ、お財布の中もさっぱりしちまいまし
た。GW後半はフリーマーケット出店で燃えます。これも、売り上げより買い物
しちゃう方が、多かったりするんだよね。七緒の財布が充実する日は来るのか?

●今日の格言 『軽井沢のスーパーマーケットは、外車のほうが多い』
=====================================================
【本誌では、みなさんのご意見、ご感想、何でも大募集中!!】
 Mail to:nanao@abox9.so-net.ne.jp
=====================================================
■登録/解除の方法
【七緒のスチャラカ★介護日記】は、下記よりいつでも登録/解除可能です。
 http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
=====================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して
 発行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000084318)
=====================================================
■発行者:七 緒 nanao@abox9.so-net.ne.jp
         http://www17.u-page.so-net.ne.jp/kg7/nana0707
■Copyright(C) nanao 2002.
 【七緒のスチャラカ★介護日記】は、転載・複写大歓迎ですが、できればご一
  報くださいね。
=====================================================